HOME  >  事業内容  >  地質調査

地質調査

橋、トンネル、ビル、住宅などの構造物が将来にわたって安定した状態を保持する為には、 地質、地盤の状態を詳しく調べる必要があります。その方法は、主にロータリー式ボーリングとスウェーデン式サウンディング試験とに大別されます。

調査方法

  • ロータリー式ボーリング
  • スウェーデン式サウンディング試験

最も一般的な地質調査の工法です【ロータリー式ボーリング】

この調査は、地質調査部門では最も一般的な工法です。
ビットの先端に取り付けたコアバーレルが、ロッドを通じて回転することで地盤を掘さくし地質状況を調べます。そして地耐力を調べる為の標準貫入試験を原則として1m毎に実施し、落下させるハンマーの打撃回数(N値)を測定します。試験結果は、ボーリング柱状図に記載し、採取された試料は調査目的により各種地質試験に使用することがあります。

ロータリー式ボーリング 特徴
  • 一般的には、コアを採取しながら掘り進みますので地質構成や土質状態が正確に把握できる。
ロータリー式ボーリング 適用事例

ビル、マンション、橋、トンネル等

ロータリー式ボーリング模式図

調査結果一覧図

小規模建築物を対象とした調査として一般的【スウェーデン式サウンディング試験】

この調査は、小規模建築物を対象とした場合に地盤強度を調べる方法として最も一般的な工法です。
先端にスクリューポイントを取り付けたロッドの頭部に、100kgまでの荷重を加えた状態で回転させ貫入量を測り、ロッドから伝わってくる音や貫入抵抗から砂質土と粘性土の判別を行います。適応土質は、N値15以下の礫、玉石を除く地層であり有効深度は7〜10m程度です。

スウェーデン式サウンディング試験 特徴
  • 狭い場所での調査が可能。
  • 調査費が安価である。
スウェーデン式サウンディング試験 適用事例

住宅、下水道等

スウェーデン式サウンディング試験仕様

地質推定断面図

スウェーデン式試験データ

さく井工事、井戸、地盤調査など、地下水に関わる相談はどんなことでもお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせ

PAGETOP