HOME  >  事業内容  >  さく井工事  >  エアハンマー工法

さく井工事

深井戸の掘削工法は、下記の如く3種類に大別されます。掘削地点の地層、周辺の環境、経済性等について考慮し掘削工法の選択をします。

掘削工事

硬岩における掘進率が非常に早い【エアハンマー工法】

この工法は、孔底にビット及びパーカッションドリル(エアハンマー)を掘り管接続で降下し、圧縮空気による圧力及びハンマーピストンの重量でビットに打撃を与え岩石を破砕掘削します。コンプレッサーにて送り込まれた高圧で大風量のエアは、エアハンマーを作動させた後、ビット先から噴出し、ビットを洗浄冷却しながら連続的に掘り屑を地上に搬出する工法です。

特徴
  • 他の掘さく工法に比べて、掘進速度が極めて速い。
  • 他の掘さく工法に比べて仕上がりが速い。
  • 地層が 堆積地層の他、硬質な岩盤地層の掘削に最も適している。
エアハンマー工法適用事例

ゴルフ場

施工事例 エアハンマー工法

施工事例

施工場所
亀山市内
使用目的
ゴルフ場用

施工事例

施工場所
瀬戸市内
使用目的
工場設備機械用

さく井工事、井戸、地盤調査など、地下水に関わる相談はどんなことでもお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせ

PAGETOP