HOME  >  事業内容  >  さく井工事  >  ロータリー工法

さく井工事

深井戸の掘削工法は、下記の如く3種類に大別されます。掘削地点の地層、周辺の環境、経済性等について考慮し掘削工法の選択をします。

掘削工事

どの地層に対して安定した堀さくができる【ロータリー工法】

この工法は、先端にビット・ドリルカラーを接続した掘管を回転させて、 地層を破砕しながら掘管内にポンプで送り込んだ泥水をビットから噴出させ、ビットを洗浄しながら連続的に掘り屑を地上に搬出する工法です。

特徴
  • 掘削時の騒音が少ない為、市街地の施工に適している。
  • パーカッション工法に比べ深い井戸の施工が可能。
  • 地層が粘土、砂、砂礫及び岩盤地層の掘削に適している。
ロータリー工法適用事例

ゴルフ場、工場、水道施設、市街地事業所、温浴施設・ショッピングモール等

施工事例 ロータリー工法

施工事例

施工場所
名古屋市北区
使用目的
防災用井戸

施工事例

施工場所
名古屋市千種区
使用目的
屋外散水

さく井工事、井戸、地盤調査など、地下水に関わる相談はどんなことでもお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせ

PAGETOP