HOME  >  事業内容  >  さく井工事  >  パーカッション工法

さく井工事

深井戸の掘削工法は、下記の如く3種類に大別されます。掘削地点の地層、周辺の環境、経済性等について考慮し掘削工法の選択をします。

掘削工事

  パーカッション工法 ロータリー工法 エアハンマー工法
仕上げ口径 200〜1000mm程度の大口径に適している。 300mm以下の中口径に適している。 350mm以下の口径で使用されている。
掘削深度 200m以浅の浅~中程度の掘削に適している。 0~1500mの浅~深部の掘削に適している。 コンプレッサーの能力及び地下水位の条件によるが、せいぜい250m程度
掘進率 ロータリー工法に比較して劣るが、砂礫や玉石層の場合は著しい能力を発揮する。 全地層に対して安定している。 中硬~極硬の岩盤地帯において、著しい能力を発揮する。
仕上げ 掘さく機により装備されているサンドラインにより、ベーラー作業が、迅速にできる。泥水循環が無いため、泥壁除去が比較的容易である。 ベーラーを使用するには、別にウインチが必要。泥壁は強靭であり、泥壁除去に時間や手間がかかる。深いものでは、ロッドにより泥壁の洗孔を行う必要がある。 泥水を使用しないため、作業が非常に早い。
長所
  • 砂礫、玉石層で、能率的な掘さくができる。
  • 狭い敷地で作業ができる。
  • 設営が早い。
  • 少人数作業ができる。
  • 仕上げが早い。
  • 各地層に対して安定した掘さくができる。
  • 浅いものから深いものまで掘さくが可能である。
  • 硬岩における掘進率が、非常に早い。
  • 仕上げが早い。
短所
  • 掘進率が他の工法に比べ遅い。
  • 振動・騒音がロータリー工法に比べ大きい。
  • ロッドの揚降時に、一班最低三名の人員を必要とする。
  • 廃泥土水処理に経費がかさむ。
  • 対象となる地層が限定される。(固結度の低い地層では、使用できない。)
  • 深いものには、使用しづらい。
  • 騒音が大きく、住宅街では騒音問題が生じる。
適応地質  粘度・砂 ×
砂礫・玉石
堆積岩
火成岩 ×
変成岩 ×

狭い敷地でも作業ができ、砂礫、玉石層に適している【パーカッション工法】

この工法は、ワイヤーロープの先端に重いビットを吊るし、これを一定のストロークで自由落下させてその衝撃により、孔底の地層を突き崩しながら掘り進みます。掘り屑が溜って進行が低下するとビットを地上に引揚げ、代わりにベーラー(サンドポンプ)を孔底にワイヤーで降ろし掘り屑を浚い取ります(ベーリング)。掘進とともに、あるいは掘り屑の汲み出しの都度、孔内に補泥して孔壁の崩壊を抑えます。以上の手順を繰り返しながら掘り進むのが本工法です。

特徴
  • 掘さく機械やツールスが安価であり他の工法と比べて工事費が安価である。
  • 地層が粘土、砂、砂礫及び玉石地層の掘削に適している。
  • ロータリー工法と比べて、仕上がりが良い。
パーカッション工法適用事例

ゴルフ場、工場、事業所、水道施設、温浴施設等

施工事例 パーカッション工法

施工事例

施工場所
春日井市内
使用目的
工場の生産用

施工事例

施工場所
四日市市内
使用目的
農業用水

さく井工事、井戸、地盤調査など、地下水に関わる相談はどんなことでもお気軽にご相談下さい。
お電話でのお問い合わせ

PAGETOP